コミュニケーションとは相手の心を読むこと

 

恋愛コミュニケーションについて深く考える前に、まず、「コミュニケーションとは何か」について考えたいと思います。

コミュニケーションとは、「スッキリさせること」です。「え? 何その定義…?」と思われた方も多いでしょう。でも、これもきちんと理論にのっとっているのです。

私たちが相手と話をするときなど、最初は分からないことだらけですよね。相手にデートや約束を取り付けることを考えましょう。

はじめは、「相手が乗ってくれるだろうか……」と心配になるものです。もちろんテクニックを使って、未来予測をすることはできます。

「こんな風に言ったら、相手はこう反応する」って、まるで漫才師が掛け合いをするような風に、予測することを多少はできます。

けれど、現実社会はそう単純ではありません。タイミングが違うとコミュニケーションは全く変わったものなります。

だから、人間はコミュニケーションをするのです。逆説的かもしれませんが、わからないことが多すぎる。だから、それをスッキリさせるために、人間はコミュニケーションをとるのでしょう。

ではどうやってスッキリさせるのでしょうか?そのために必要なことは「相手の心を読む」ことです。

しかし、現実で相手の心をきちんと読んで行動している人はどのくらいいるのでしょうか。世の中にケンカが絶えないのも、「相手の心を読む」ことが出来ていないから。

相手のころころ変わる心をきちんと適切に読むことが出来れば、私たちは豊かなコミュニケーションをとることができるのです。

これは恋愛コミュニケーションに特によくあてはまります。「人の心が読める人は恋愛上手」というわけです。

では、どうやって心を読んだらいいのでしょうか。これを考えるには、コミュニケーションを「聞き手」から考える必要があります。

「コミュニケーション術」や「恋愛指南本」では、「話し手」から考えているケースが多いようです。「こんなこと言ったらモテる」のような類のこと。

しかし、コミュニケーションは話し手から送られるシグナルに聞き手がどう反応するかで始まります。

聞き手は話し手の送るシグナルに対して、色々と想像を膨らませます。これも当たり前のように聞こえますが、実際の世界で想像力を働かせてコミュニケーションをとっている人は、とても少ないのです。

私たちは想像力を働かせて、相手のシグナルに対して「意味」をつけます。この「意味付け」こそが、人間のコミュニケーションだけに許された特権であり、財産でもあります。

この意味をつけることが、最初に言った「スッキリさせること」につながるものなのです。無限のように広がるコミュニケーションの可能性に対して、意味を付けることによって、少し単純な世界に変えていくのが大切なのです。

その「意味」のつけ方はどうやってすればいいのでしょうか。これは自分の記憶、経験、相手との関係、文脈、周りの状況……など、あらゆるものをヒントにしながら、想像力を働かせて、意味を付けなければなりません。

そうした中で「あっこれだ!」と思える解釈に巡り合うことができるはずです。想像力を働かせて意味付けを行うときに、人間は頭の中で、瞬間的かもしれませんが、色々な考えを巡らせ計算しています。

その「意味」が、他の意味ではない、これこそがこの状況での最適な意味だ!という瞬間を私たちは体験します。

それは、頭の中で想像することが「少ない労力で多くの効果を生む」意味のときに起こるのです。

では、具体例で考えましょう。お昼時、相手が「なあ、あれどうする?」と言ってきたとします。

このとき、相手とは事前に食事に行く約束をしていたことにします。聞き手はこの「あれ」について色々と想像を働かせます。「なんのことだろう…」と考えますが、この状況で一番「労力が少なく、効果が大きい意味」は何だろうと、頭の中で瞬間的に計算するのです。

前に話した映画のことではないし、友達と遊びに行くのもここで言うことではないだろう。こういう風に記憶、経験、相手との関係、文脈、周りの状況などと照らし合わせて、聞き手は想像力を働かせます。そして、たどりついた解釈は「食事のことか!」になるのです。

他の意味では解釈に労力がかかりますし、効果は少ないのです。この場面で最適な「あ!」と思えるような意味ではないからです。

他の意味について考えると、頭の中で想像する労力がかかりすぎます。しかも、それによって「あ!」という効果は少ないのです。

そこで、「食事」が一番労力は少なく、効果が大きい意味として選びだされるのでしょう。

この「想像、意味付け、労力、効果」のことをよく覚えておいてください。これから本格的に語ることになる、恋愛コミュニケーションを考えるために重要なキーワードです。労力が少なく、効果が大きい意味を想像することで、私たちは相手の心を読んでいくのです。

この「効果」についてですが……これには3種類あります。(1)意味の追加、(2)意味の強化、(3)意味の削除です。

それぞれについては、後の「ことばのコミュニケーション」のところで解説しますので、今は「ああ3種類あるんだ」くらいで済ませておいてください。

男性に送る恋愛コミュニケーション術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です